東大阪 壺内矯正歯科では歯列矯正,矯正治療を専門的に受けていただけます

壺内矯正歯科

新着情報

新着情報

子供の矯正

2024年04月25日 10:25 歯はどのように生えてくるの? 子供の矯正

こんにちは、壺内矯正歯科です。

– 歯の生えはじめから、生えかわりがはじまるまで –

  • 6~7ヶ月頃から歯が生えてきます。

乳歯は、生後6~7ヶ月になると下の前歯から生えはじめます。

歯が生えてくる時期は個人差が大きいので、何ヶ月か早くても遅くても、あまり気にしないようにしましょう。

乳歯の前歯

 

  • 1歳半頃

乳歯の奥歯が生えはじめます。この頃から、食べ物をかみ砕いてつぶすことができるようになってきます。

乳歯の奥歯

ポイント 1日1回の歯みがきの習慣を付けましょう。

 

  • 2歳頃

乳歯の犬歯が生えてきます。この頃から、野菜や肉などを前歯でかみ切る能力が高まります。

乳歯の犬歯

ポイント仕上げ磨きを嫌がる場合は、ポイントを絞って短時間で磨きましょう。

 

  • 3歳頃

乳歯の最後の奥歯が生えてきて、だいたい3歳頃までには 20本の乳歯がすべて生えそろいます。

ポイント 歯みがきの大切さを教え、お子さんが進んで歯みがきができるようにしましょう。

  • 6歳頃

乳歯から永久歯への歯の生えかわりがはじまります。

あごや身体の成長に合わせて、6歳頃~12歳頃の間に永久歯に生えかわります。

ポイント 生えてきたばかりの奥歯は、歯ブラシが届きにくく汚れがたまりやすいので、とくにていねいに歯みがきをするようにしましょう。

 

生え始めの歯はとても繊細で、歯並びが気になる親御さんも多くいらっしゃいます。

赤ちゃんの歯でも、歯並びが気になる場合は、矯正の専門医にご相談下さいね★

 

 


2024年03月11日 12:17 子供の顎が小さい 子供の矯正

子供の顎が小さい…将来の歯並びは大丈夫?

歯並びの乱れの多くは、歯がきれいに並ぶためのスペースが不足していることが関係しています。

現代では硬い物を食べる機会が以前より少なくなっているためか、顎の小さいお子さんが目立ちます。そういったお子さんは、そうでないお子さんと比べると、将来的に歯並びが乱れる可能性が高いと言えます。

しかし、顎はおおよそ15歳くらいまでは成長を続けますので、その期間に適切な対応ができれば、顎を正常に成長させることが可能です。そしてそのスタートは、基本的に早ければ早いほど、歯並びの乱れのリスクを低減させることができます。

お子さんの顎の小ささが気になる、親御さんの顎が小さくお子さんの今後の歯並びが心配というときには、一度当院にご相談ください。


2023年08月15日 11:38 歯並び悪い子供と良い子 子供の矯正

歯並び悪い子供と良い子の違いはなぜ?

こんにちは、壺内矯正歯科です。

 

歯並びの良し悪しは、生活環境・習慣・癖、先天性などで歯列不正は起こります。

硬いものを食べない、よく噛まずに飲み込んでしまう、不規則な生活による顎の成長の阻害は、歯並びが乱れる原因にもなります。

た、口呼吸、指しゃぶり、舌で歯を押す癖なども、歯並びに影響します。

このような癖を取り除く事が矯正治療の一環として重要です。

 

子供の歯並びが決まるのはおおよそ6歳までです。6歳前後から永久歯が生えてきます。

乳歯と永久歯が混じり合っている混合歯列期が6歳頃から12歳頃までの長い時間続き、一般的には12~13歳頃になると永久歯のみの歯列になります歯並び 遺伝どっちに似る?

顔や背の高さ・声が遺伝するように、歯並びも同様に遺伝します。

だいたい先天的な要因が8割・後天的な要因が2割程度と言われており、

子供の容姿に「お母さん似」「お父さん似」があるように、歯並びもどちらかに似る可能性があります。

また、歯の大きさや顎の大きさ・上顎と下顎どちらが出ているか(出っ歯または受け口)も遺伝します。

気になる歯並びはについて、カウンセリングを受ける事から始めましょう★

 

 

 


2023年07月27日 09:45 矯正歯科治療とスポーツや吹奏楽器との関係 子供の矯正

矯正歯科治療とスポーツや吹奏楽器との関係

こんにちは、壺内矯正歯科です。

質問:子供の歯並びが悪く、矯正歯科治療を考えています。スポーツや楽器を吹くことなどが、悪い歯並びや矯正の装置に影響があるでしょうか。

 

回答:一般に、スポーツには身体のバランスが必要であると考えられます。

咬み合わせの改善によって、バランスも改善されることは種々の分野のアスリートたちも証明しているところです。

矯正歯科治療中に強くかみ締めると一時的に痛みが出ることもありますが、長い目で見ると早い時期に治療されておくことをお勧めいたします。

矯正治療中も普段通りしていただいて構わないです。

激しくぶつかり合うようなスポーツ(矯正をしていてもしていなくても歯の外傷などの可能性が高いスポーツ)、アメフトやボクシングなどは気をつけていただくことが必要です。

次に、吹奏楽器を演奏する場合ですが、矯正装置を入れた当初あまり良い音色は出ないようです。しかし、数か月もすれば、慣れてもとの音色に戻るとのことで問題ないようです。

 

お子様の矯正治療を始めるタイミングは成長を利用して行う事が多いのですが、

このようにお子様の部活動について治療との関係を心配される保護者様も多くいらっしゃいます。

治療の開始や、部活動やスポーツでご不明な事がありましたたら

まずは矯正医にご相談下さい(^^)


2023年05月25日 10:37 子供のすきっ歯について 子供の矯正

子供のすきっ歯について

お子様のすきっ歯は見た目が悪いと気にされる親御さんは少なくありません。

しかし、永久歯に生え変わる前のお子様のすきっ歯に関しては、舌で歯を押すなどの癖がなければ、あまり気にされる必要はありません。

赤ちゃんは、体の成長とともにどんどん顎も大きく育ちます。

そうすると、自然と乳歯のの間に隙間ができて、すきっ歯になります。

乳歯の多くは永久歯と比べてサイズが小さく、本数も少ないです。

そのため、赤ちゃんのすきっ歯は乳歯から永久歯に生え変わっていく過程で、解消されて治ることが多いです。

個人差はありますが、子供のすきっ歯(発育空隙)は前歯が生えそろう10歳ごろまでに整ってくることが多いです

しかし永久歯が生え揃った後にも、歯と歯の間に隙間がある場合には、先天的に歯が小さい場合や、永久歯の数が少ない、歯の大きさに比べて顎が大きかったり、舌を前に押し出す癖がある事が考えられます。

 

顎の発育不全や、舌癖・指しゃぶりなどが原因の場合は、定期的に検診へ通ってなるべく早期にこれらの原因を見つけてあげることが大切です。


2023年05月22日 14:37 治療の相談のタイミング 子供の矯正

矯正歯科に相談するのは、何歳くらいがよいのですか?

このようなご質問がありました。

A、気になり始めたときに、気軽に矯正歯科へお越しください。

理想的なのは、あごが成長段階にある発育期

口の中の状態は一人ひとりちがうため、一概に「開始は何歳から」と断定することはできません。逆にいうと矯正歯科治療はいつからでも始められるのですが、もっとも理想的なのは「あごが成長段階にある幼児期から矯正歯科医が定期的に観察していくこと」です。

なぜなら、歯並びや咬み合わせの問題は、歯の土台となるあごの形や大きさと切り離せないからです。

矯正歯科治療は「早期治療」と「本格治療」に分けられます。

早期治療とは、乳歯の時期や乳歯と永久歯が混じり合う時期に、あごの成長を見ながら咬み合わせやあごの成長のコントロールなどを行うもの。

そして、永久歯が生えそろい、あごの骨の成長がある程度予測できたところで始めるのがマルチブラケット(歯の1本1本にブラケットを貼りつけ、ワイヤーでつないで歯並びを治療する)という矯正装置を使った本格治療です。

 

まずは、矯正歯科にご相談を★

早期治療を含め、矯正歯科治療を実際に始めた年齢でもっとも多いのは7〜8歳です。

この年代は、ちょうど上下の前歯が生えかわり、将来の歯並びがある程度予測できることと、患者さんである子ども自身に治療に対する自覚が生まれることが理由として挙げられます。

 

 しかし、あごの骨格に問題のある受け口や開咬(かいこう)、交叉(こうさ)咬合といった不正咬合は、早めに治療したほうがよい場合もあり、ケース・バイ・ケースです。

相談したからといって、その診療所で治療しなければならないことはありませんので、矯正歯科にお電話のうえ、お気軽にいらしてください。

ちなみに、初診相談は無料とさせて頂いております★